更年期障害にヨガポーズの効果が実証されてた

ヨガポーズのストレッチが

110.jpg

更年期障害の症状を和らげるのに

効果があるとの研究が

2年前に発表されていました。


研究を行ったのは、

公益財団法人明治安田厚生事業団

体力医学研究所の甲斐裕子主任研究員らのグループで

ストレッチ効果の実証は世界初だそうです。


論文が掲載されたのは

北米更年期学会雑誌「Menopause」2016年8月号


日本では、概要が

DAA(アンチエイジング医師団)のニュースサイト

Aging Style(エイジングスタイル)に掲載されています。


http://www.agingstyle.com/2016/09/15001426.html?p=all



なんと、寝る直前の10分間

ヨガのポーズを中心にしたストレッチプログラム
(ストレッチプログラムの詳細は、上記サイトに載ってます)

を行なうだけで症状が改善されたということです。


寝る前の10分間だったら

気軽に続けられそうですよね (・∀・)。